自動車事故の賠償について

自動車保険はココをチェック!参考リンク集

搭乗者傷害保険とは

搭乗者傷害保険とは、自動車を運転している時に、自分や同乗者が負傷してしまった場合に、一定の保険金が支払われる保険です。この保険の特徴としては、過失割合に関係なく保険金が支払われるということで、過失割合が100%の事故や単独事故にも保険金が支払われ、自賠責保険や事故の相手の任意保険から保険金が支払われていても支払われます。また、ノンフリート等級にも影響しないので、保険料負担が変わることがありません。保険金の金額は、自分で設定した金額になり、死亡してしまった場合、1名つき設定した保険金が支払われ、また障害が残ってしまった場合、死亡の場合の保険金額のうち一定割合の保険金が支払われます。また、入院した場合は、入院日数や傷害の部位や症状に応じて一定の保険金が支払われます。私が加入している自動車保険を例に挙げると、500万円、1,000万円、1,500万円、2,000万円のなかから、1,000万円を選択していて、入院や通院日数が4日以内の場合は一律1万円が支払われることになっています。

近頃良く聞く自動車保険、このWEBサイトがお勧め

Copyright (C)2017自動車事故の賠償について.All rights reserved.